大阪のおすすめレーシック医院

大阪でおすすめな医院が「品川近視クリニック」です。 品川近視クリニックは、大阪の他にも、東京・横浜・名古屋・福岡に医院を持つ、 レーシック手術では日本でおそらく一番有名な医院です。 レーシック症例数もダントツで多いので信頼感があるクリニックです。 まずは無料適応検査を受け、その際に、レーシック手術について不明な点などを相談にのってもらいましょう。

レーシックにおいてクリニック選びは重要です。

その病院の情報収集をして病院を決めましょう。そのために口コミサイトを利用しましょう。 まず 老眼矯正ができるレーシック手術に対応しているクリニック選びにおいてのチェック事項から紹介しましょう。
・アフターケアや保障制度の有無の確認、
・アフターケアや保障制度の内容
・症例数の確認⇒多い病院は実績があるということになります。

このような事を口コミサイトを利用して確認しましょう。口コミサイトは一つだけでなく複数のものを確認しましょう。 では具体的に、人気のクリニックを紹介しましょう。

《品川近視クリニック》
・累積症例数…提携クリニックを合わせて100万例以上
〜レーシックの執刀経験のある医師の症例数としては5,000以上あれば多い方です。品川近視クリニックにはそれを大きく上回る医師が大半。3万例以上もの執刀経験があるドクターも在籍。
・最長で15年もの長期間設定される保障制度あり

レーシック後に起こることもあるドライアイも全体の4%です。これは非常に少ない割合です。
・総合的に高評価
・老眼矯正ができるだけでなく、近視や遠視、乱視も同時に矯正できるレーシックカメラのような最先端の治療法を積極的に導入 このようなことから《品川近視クリニック》は安心できる技術力のある病院として人気を集めています。

《神戸神奈川クリニック》
・万全の保障制度で信頼度が高い
・アフターケアが生涯保障である…術後に何等かの支障が出ても無料で対応、術後の再矯正はもちろん、診断や検査、合併症対策が無料
・ 症例数も2013年1月時点で約41万例
・北は北海道から南は北九州まで院があり国内最大規模の9クリニックの展開
・夜間窓口も23時まで受付可能
・定期検診を事前に通知してくれるメールサービスあり

《品川近視クリニック》・《神戸神奈川クリニック》ともにモノビジョンレーシックの施術に対応しおり、老眼に加えて白内障も発症している方に向けた、遠近両用白内障手術、Add-Onレンズといった施術を受けることも可能です。独自の研修制度が医師の技術力を高めています。

モノビジョンレーシック

モノビジョンレーシックの手術はまずは、 適応検査が必要になります。そして適応すれば手術前の最終検査でモノビジョン状態を作って矯正する度数を決めていきます。 モノビジョンレーシックの手術は、通常のレーシックと同じ方法で行われます。レーザーで左右それぞれの角膜を利き目を遠方用、 もう片方を近方用の形状にしていくことになります。 モノビジョンレーシックの手術の大きな欠点は手術後は、見え方に慣れるまで1〜3ヵ月程度かかるということです。見えづらい時に無理をしてピントを合わせようとすると眼にd負担がかかります。結果、余計に眼精疲労を起こしてしまったということにもなりかねません。慣れるまでは無理にピントを合わせない工夫をしたいものです。 全ての方がいい状態に持って行けるとは限りません。もしも術後3〜6ヵ月経過しても モノビジョンの見え方に違和感がある場合は再度手術と言うことになります。担当医と相談し再手術も検討しましょう。 細かいお仕事や夜間の運転が必要な職種の方にはモノビジョン法は不向きです。その辺もきちんと担当医に伝え、手術を検討しましょう。

レーシックin大阪【おすすめレーシック医院】